CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
メーデー弾圧とは?
★2006年4月30日(日)、「自由と生存のメーデー06」のデモに「階級」的な政治弾圧がくわえられました(詳細12当日の動画@レイバーネット、写真12)。弾圧で一名が道交法違反、二名が公務執行妨害で逮捕。★経過:5/2検察送致&激励行動二名勾留決定、5/6東京で激励行動&情宣/福岡で街頭情宣-報告12。5/7渋谷の準抗告棄却弾劾! 5/8より渋谷署で房内処遇改善を要求してハンスト決起! 5/9準抗告により原宿釈放! 5/10-11東京地裁前情宣10日報告11日報告)、5/11勾留理由開示請求公判弾圧被害者釈放のためキャンセル、処遇改善要求支持者への返礼で渋谷署内留置所へ激励行動緊急集会奪還集会として開催、140名参加の盛況、集会宣言。★小倉利丸さんの弾圧分析Cruel suppression to Japanese Mayday demonstrators by Police和訳 ★富永さとるさんの分析 ★公安警察も反対の共謀罪?
English Resources
A Statement Against Police Suppression at May Day Demonstration | English Appeal | All demonstrators released
声明賛同・連帯メッセージ募集
救援会の抗議声明への賛同署名と支援・連帯のメッセージをお寄せください。
メーデー弾圧抗議声明 ★賛同一覧
各種リソース
情宣・カンパ要請用PDF (1.03MB)
抗議声明・賛同要請用PDF (940KB)
仲間を返せ! メーデー不当弾圧を許すな5・11緊急集会PDF (1.04MB)
★すでに道行くすべての人必携の時代? 日弁連の被疑者ノート/PDF1MB─逮捕時の自分の人権を守る実践方法が弁護人への書き込みノート形式でまとめられています。★救援連絡センター救援ノートも必読!
連絡先
連絡先:
〒105-0004 東京都港区新橋2-8-16 石田ビル4階14号 救援連絡センター気付
FAX: 03-3352-6594
E-mail: mayday06q(at)yahoo.co.jp
抗議先
原宿警察署
TEL: 03-3408-0110
FAX:03-3408-2270
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-3-15
渋谷警察署
TEL: 03-3498-0110
FAX: 03-3498-1750
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-8-15
警視庁本庁(警備課)
TEL: 03-3581-4321
FAX: 03-3502-1430
〒100-8929 東京都千代田区霞が関2-1-1
※門真市議・戸田ひさよしさんのご尽力によりFAX番号追加
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
メーデー救援会
「自由と生存のメーデー06」弾圧粉砕! 三名全員奪還!
2006年4月30日(日)、「自由と生存のメーデー06」の集会と“サウンドデモ(レイヴデモ)”が開催され、100名近くの人々が「プレカリアート(不安定雇用層)」の企画に参加。しかしデモ当初から警察が弾圧を策動(逮捕の恫喝や警告プラカード準備等)、「道交法55条違反」を理由に運転手を行政処分(青切符)、DJをサウンドカーから引きずりおろして逮捕したうえ、混乱にまきこまれた一名も「公務執行妨害」で逮捕。さらにサウンドシステムを積んだトラックを強奪(即日準抗告で翌5月1日奪還)。また、デモコース終盤の渋谷ハチ公前を過ぎたあたりで、「MAYDAY」の垂れ幕を掲げたバルーンを公安警察が強奪しようとして現場が混乱、この過程で一名を「公務執行妨害」でバルーンごと逮捕。去年も同じ態様のメーデーデモが行われているのに、なぜ今年は逮捕?!(詳細12当日の動画@レイバーネット、写真12) 5月2日逮捕の身柄拘束満期で検察送致&激励行動。DJは勾留請求されず釈放。警察の無法なやり方に検察が勾留請求を断念したものの、「公妨」の二名は勾留請求・決定(詳細)。6日東京で激励行動&情宣、福岡で街頭情宣(報告12)。7日渋谷の準抗告棄却弾劾! 渋谷署留置の仲間が8日より房内処遇改善を要求しハンスト決起! 9日原宿の準抗告が「認容」され釈放! 10・11日に東京地裁前情宣10日報告11日報告)、勾留満期の11日の勾留理由開示請求公判弾圧被害者釈放ハンスト勝利(要求詳細)!のためキャンセル(予定されていた弁護人意見)、三名全員を無事取り戻しました。同日、処遇改善要求支持者への返礼で渋谷署内留置所に向け激励行動留置所見取り図)、夜の反弾圧集会奪還集会として開催、140名が参集(livedoorニュースJanJan)、集会宣言採択。共同通信取材に対する原宿署のデタラメDJ、共謀罪TVで語る。金曜アンテナ・蹂躙されたメーデー。東京新聞・サウンドデモなぜ摘発。8月5日やり返しデモ→集会:8.5プレカリアート@アキバ、150名参加!

メーデー弾圧抗議声明 ★賛同一覧

4月30日のデモに参加して警察の違法行為による被害にあわれた方・目撃した方は救援会に情報をお寄せください!
踏み付けられたプレーヤー切断されたDJのヘッドホンバルーン損壊&紛失?ディストーションギターさん報告

※救援会作成の公開情報資源の取扱いはすべて自由とします(GFDLに準じます)。救援会以外のリソースに関しては、著作者に直接お問い合せいただければ幸いです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
English Appeal
On Sunday, April 30th, the rally and street demonstration of "Mayday for Freedom and Survival 06" in Tokyo was held with about one hundred participants who enthusiastically discussed the labor conditions of "precariats" (part-time and unstable workers).

Surprisingly, from the beginning of the demonstration, the police harassed us unjustly. Meanwhile, a crowd of policemen dragged down and arrested a DJ, who played music for the demonstration on our truck carrying the sound system, for “violating” the Traffic Control Law. At the same place, they also arrested one of the participants for "obstructing" officers from performing their duty. In addition, the police stole the truck and drove away along with all the equipment (Regained in the next day) though the usage of sound system and carrying the DJ on the rear deck was applied in due process to Harajuku police station in advance.

Even more arrest was being prepared. The police tried to rob our huge balloons carrying a banner marked with "Mayday" while the demonstration was passing under the railroad bridge nearby Shibuya station with numbers of passers - by the Hachiko cross point. In this confusion by the police, they arrested another participant, who tried to retrieve the balloons, for "obstructing" officers from performing their duty. Doubtlessly, this is another shocking outrage by masses of policemen.

The DJ unjustly arrested for "violating" the traffic law was released on May 2, which shows that even prosecutors could not find any reasons in the illegal act of the police to claim more detention. However, more detention was decided against the other two participants arrested for "obstructing" officers from performing their duty, and they are still detained in substitute prisons in police stations.

Just after the demonstration, we started moving to save and release the repressed peers as soon as possible. Please support and pay attention to our movement newly launched as a Mayday Relief Association.

Mayday Relief Association
| 声明 | 19:01 | - | trackbacks(0) |
自由と生存のメーデーへのとんでもない弾圧に糾弾・抗議する 
 4月30日に行われた「自由と生存のメーデー−プレカリアートの企みのために」の集会後のデモで、3名が不当に逮捕されました。
 警察は表現の自由を奪い、音楽を流すことを禁じ、サウンドカーを強奪し、DJやそれを守ろうとした仲間、および意思表示のためバルーンを操作していたもの3名に、暴行を加え、連れ去ったのです。
 この日警備の側は、多くの私服・警察官・機動隊を配備して私たちを威嚇し、デモ出発時より露骨な弾圧を狙っていたのです。
 そればかりか、当日最後尾に車椅子に乗った障害者も参加していましたが、機動隊は後ろから楯をかざし「早く歩け」と威圧し、障害者に危険のないようにその後ろを歩いていた人の背中を押すなどもしていたのです。
 あまつさえ、デモ終了後、抗議・激励行動に行った私たちに対して3名を拘留している原宿署、渋谷署は最低限の差し入れも拒否し、さらに事後的に家宅捜索も行うという弾圧を行ってきました。
 自由と生存を求めて意思表示し、表現し、抗議するという正当な行動が、このように警察によって暴力的に踏みにじられたことを許すことはできません。
 私たちはこの警察の不当な弾圧に対して糾弾の声をあげ、一日も早く捕らわれている仲間を私たちの元に取り返したいと思います。
 多くの仲間の皆さんと連帯し、こんな弾圧に負けない強固な闘いを作っていきましょう!

2006年5月4日

医療・福祉の戦争協力に反対する連絡会議
| 声明 | 16:46 | - | trackbacks(0) |
あこぎで好きほうだいの暴政をはねかえし、3名の仲間を取り戻そう! 支援・カンパを!
◆あらかじめ逮捕狙いの拉致

 2006年4月30日午後、神宮前穏田区民会館にて百余名が参集し、昨年に引き続いて「自由と生存のためのメーデー06」を開催しました。しかし、集会後にデモを準備する段階から、警察側から異様な恫喝、脅迫が迫ってきました。まるで税金ぼったくりの公安警察・機動隊の既得権益を守るためなら、フリーター、失業者や不安定雇用者などの権利など、くそみその虫けら同然という対応です。

◆警察はドロボーのはじまり

 原宿から渋谷に向かう私たちデモ隊にたいして、公安警察・機動隊は、サウンドデモのDJ、混乱にまきこまれるもの、バルーンでメーデーを訴える仲間を無慈悲にも次々と逮捕しました。あまつさえ、先頭のサウンドカーを暴力的にむりやり強奪したのです。まさに公権力による表現機材の強奪、ようするにドロボー行為です。絶対に許せません。

◆差し入れも拒否する拉致・監禁

 デモ後の30日夜は、約30名による不当弾圧抗議・激励行動を、原宿警察署、渋谷警察署にたいして行いました。が、これまでと違い、逮捕された仲間の生存にかかわる生活必需品の差し入れすらさせないのです。警察による法律の恣意的な強制・独裁がまかりとおり、拉致・強制連行・監禁のどぎつさは、欧米諸国に比べてもずっと酷い実態です。

◆弾圧を許さない相互扶助・連帯を!

 今から120年前、メーデーの起源となったアメリカのストライキでは、「仕事に8時間を、休息に8時間を、おれたちがやりたいことに8時間を!」と唄いました。その直後、無産者の仲間にたいして、銃撃、爆弾、絞首刑、大量逮捕がなされたのです。いったい、この日本は歴史を経てどんな違いがあろうというのか? 暗黒の事態をはね返すために、なせるあらゆる努力を傾注しよう。
 幽閉されし3名の仲間への心からの救援・支援・カンパをよろしくお願いいたします。

2006年5月1日 メーデー救援会


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
カンパ振込先:
郵便局「ぱるる」 記号 10080 番号 91518311
口座名 フリーター全般労働組合

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ご支援ありがとうございました

追 記:
2006年5月1日午後に強奪されていたサウンドカーやDJ機材などは返却されました。
| 声明 | 23:10 | - | trackbacks(4) |