CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
メーデー弾圧とは?
★2006年4月30日(日)、「自由と生存のメーデー06」のデモに「階級」的な政治弾圧がくわえられました(詳細12当日の動画@レイバーネット、写真12)。弾圧で一名が道交法違反、二名が公務執行妨害で逮捕。★経過:5/2検察送致&激励行動二名勾留決定、5/6東京で激励行動&情宣/福岡で街頭情宣-報告12。5/7渋谷の準抗告棄却弾劾! 5/8より渋谷署で房内処遇改善を要求してハンスト決起! 5/9準抗告により原宿釈放! 5/10-11東京地裁前情宣10日報告11日報告)、5/11勾留理由開示請求公判弾圧被害者釈放のためキャンセル、処遇改善要求支持者への返礼で渋谷署内留置所へ激励行動緊急集会奪還集会として開催、140名参加の盛況、集会宣言。★小倉利丸さんの弾圧分析Cruel suppression to Japanese Mayday demonstrators by Police和訳 ★富永さとるさんの分析 ★公安警察も反対の共謀罪?
English Resources
A Statement Against Police Suppression at May Day Demonstration | English Appeal | All demonstrators released
声明賛同・連帯メッセージ募集
救援会の抗議声明への賛同署名と支援・連帯のメッセージをお寄せください。
メーデー弾圧抗議声明 ★賛同一覧
各種リソース
情宣・カンパ要請用PDF (1.03MB)
抗議声明・賛同要請用PDF (940KB)
仲間を返せ! メーデー不当弾圧を許すな5・11緊急集会PDF (1.04MB)
★すでに道行くすべての人必携の時代? 日弁連の被疑者ノート/PDF1MB─逮捕時の自分の人権を守る実践方法が弁護人への書き込みノート形式でまとめられています。★救援連絡センター救援ノートも必読!
連絡先
連絡先:
〒105-0004 東京都港区新橋2-8-16 石田ビル4階14号 救援連絡センター気付
FAX: 03-3352-6594
E-mail: mayday06q(at)yahoo.co.jp
抗議先
原宿警察署
TEL: 03-3408-0110
FAX:03-3408-2270
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-3-15
渋谷警察署
TEL: 03-3498-0110
FAX: 03-3498-1750
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-8-15
警視庁本庁(警備課)
TEL: 03-3581-4321
FAX: 03-3502-1430
〒100-8929 東京都千代田区霞が関2-1-1
※門真市議・戸田ひさよしさんのご尽力によりFAX番号追加
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
メーデー救援会
「自由と生存のメーデー06」弾圧粉砕! 三名全員奪還!
2006年4月30日(日)、「自由と生存のメーデー06」の集会と“サウンドデモ(レイヴデモ)”が開催され、100名近くの人々が「プレカリアート(不安定雇用層)」の企画に参加。しかしデモ当初から警察が弾圧を策動(逮捕の恫喝や警告プラカード準備等)、「道交法55条違反」を理由に運転手を行政処分(青切符)、DJをサウンドカーから引きずりおろして逮捕したうえ、混乱にまきこまれた一名も「公務執行妨害」で逮捕。さらにサウンドシステムを積んだトラックを強奪(即日準抗告で翌5月1日奪還)。また、デモコース終盤の渋谷ハチ公前を過ぎたあたりで、「MAYDAY」の垂れ幕を掲げたバルーンを公安警察が強奪しようとして現場が混乱、この過程で一名を「公務執行妨害」でバルーンごと逮捕。去年も同じ態様のメーデーデモが行われているのに、なぜ今年は逮捕?!(詳細12当日の動画@レイバーネット、写真12) 5月2日逮捕の身柄拘束満期で検察送致&激励行動。DJは勾留請求されず釈放。警察の無法なやり方に検察が勾留請求を断念したものの、「公妨」の二名は勾留請求・決定(詳細)。6日東京で激励行動&情宣、福岡で街頭情宣(報告12)。7日渋谷の準抗告棄却弾劾! 渋谷署留置の仲間が8日より房内処遇改善を要求しハンスト決起! 9日原宿の準抗告が「認容」され釈放! 10・11日に東京地裁前情宣10日報告11日報告)、勾留満期の11日の勾留理由開示請求公判弾圧被害者釈放ハンスト勝利(要求詳細)!のためキャンセル(予定されていた弁護人意見)、三名全員を無事取り戻しました。同日、処遇改善要求支持者への返礼で渋谷署内留置所に向け激励行動留置所見取り図)、夜の反弾圧集会奪還集会として開催、140名が参集(livedoorニュースJanJan)、集会宣言採択。共同通信取材に対する原宿署のデタラメDJ、共謀罪TVで語る。金曜アンテナ・蹂躙されたメーデー。東京新聞・サウンドデモなぜ摘発。8月5日やり返しデモ→集会:8.5プレカリアート@アキバ、150名参加!

メーデー弾圧抗議声明 ★賛同一覧

4月30日のデモに参加して警察の違法行為による被害にあわれた方・目撃した方は救援会に情報をお寄せください!
踏み付けられたプレーヤー切断されたDJのヘッドホンバルーン損壊&紛失?ディストーションギターさん報告

※救援会作成の公開情報資源の取扱いはすべて自由とします(GFDLに準じます)。救援会以外のリソースに関しては、著作者に直接お問い合せいただければ幸いです。

<< あまりにもステキな友人たちへ | main | 連帯メッセージ/安部 敬太(炭焼き人) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
勾留取消意見書(2)
勾留取消意見書(2)

2006年5月10日

東京地方検察庁 河原検事 殿
被疑者  渋谷警察署24号

 上記被疑者と同じデモに参加して公務執行妨害罪で逮捕・勾留された者が昨日釈放され、当職の元に勾留状謄本が届いたことを受けて、本件公務執行妨害被疑事件について、弁護人の意見を下記の通り補足する。

弁護人   萩 尾  健 太
〒150-0031 渋谷区桜丘町四番二三号
      渋谷桜丘ビル八階 渋谷共同法律事務所
      TEL 03(3463)4351 Fax 03(3496)4345


意 見 の 趣 旨
 直ちに被疑者の勾留を取消し、釈放されたい。

 1 本件逮捕は違憲である
 憲法21条は表現の自由を基本的人権として保障しているが,本件デモ行進のような集団示威運動も表現の自由行使の一態様であることはいうまでもない。
 表現の自由は、その内容の価値を問わず民主制の過程では回復困難な基本的人権として強く保障されるべきものであるが、特に集団的示威行動は貧しい者でも簡単に表現の自由を行使できる手段として十分な保障が要請される。
 しかしながら,本件デモ行進に対する警備活動〜逮捕行為に至る過程をふまえると,捜査当局は,本件デモ行進が表現の自由の一態様であることを意図的に無視し,ただ単に弾圧の対象としてしかみていないことは明らかである。捜査当局の根底にある考え方は,集団示威運動を単なる暴徒と見る「集団暴徒化論」にほかならない。前述のとおり,捜査当局は,本件デモ行進が始まる前から,本件デモ行進に対する妨害行為を行っており,本件現行犯逮捕は,このような本件デモ行進に対する妨害行為の一環としての位置づけを有するのである。
 さらに、深刻な今日の非正規雇用労働者の状態を憂慮し、その連帯を呼びかける被疑者らの集団示威行動は、憲法28条で保障された団結権の行使の一態様として、高度な保障が要請されるものである。
 「MAYDAY」との垂れ幕をつけた風船を警察官らが奪ったことに端を発する本件逮捕は、本件デモ行進に対する捜査当局の妨害行為の一環であり、まさに「MAYDAY」に関する集団的示威行動の弾圧を狙った団結権・表現の自由の侵害そのものとして違憲の逮捕行為というべきである。

 2 本件被疑者以外は釈放された
 本件のデモ行進に参加して逮捕された3名のうち、1名は検察官が勾留請求をせずに釈放され、他の1名は勾留に対する準抗告の認容により、5月9日付で釈放された。
 被疑者以外の2名が釈放されたことは、捜査当局の妨害行為の違法性が裁判所によっても認められたことを示す。さらに、前述のように本件逮捕が本件デモ行進に対する捜査当局の妨害行為の一環であることからすれば、本件逮捕もまた表現の自由を侵害するものとして違憲・違法と認められるべきである。 

 3 被疑者は暴行を加えていない
 裁判所の不手際で、当職が昨日ようやく入手した被疑者の勾留状謄本によれば、被疑者は、「警察官が正面に構えている透明盾中央付近部を、・・・いきなり右肩付近で突き当たる暴行を加え」たとのことである。
 しかし、被疑者は一切そのような暴行はしていない。
 警察官らが赤い風船の紐を切って奪ったのに対して、一言抗議の言葉を述べたところ、いきなり約20名もの警察官にとり囲まれ、引き倒され、路面に腹這いにさせられ、身体の上に何人もにのしかかられ、首を押さえつけられ、逮捕されたのである。
 以上のように、本件逮捕自体が違憲・違法であり、犯罪の嫌疑自体が認められないから、勾留の要件たる「犯罪を犯したと疑うに足りる相当の理由」は存在しない。
 また、被疑者は無実であるから逃亡する必要は全くないのであり、「逃亡すると疑うに足りる相当の理由」もまた存在しない。
 よって、直ちに被疑者の勾留を取り消し、被疑者を釈放するべきである。
以上

| 資料 | 07:19 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:19 | - | - |
http://mayday2006.jugem.jp/trackback/262