CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
メーデー弾圧とは?
★2006年4月30日(日)、「自由と生存のメーデー06」のデモに「階級」的な政治弾圧がくわえられました(詳細12当日の動画@レイバーネット、写真12)。弾圧で一名が道交法違反、二名が公務執行妨害で逮捕。★経過:5/2検察送致&激励行動二名勾留決定、5/6東京で激励行動&情宣/福岡で街頭情宣-報告12。5/7渋谷の準抗告棄却弾劾! 5/8より渋谷署で房内処遇改善を要求してハンスト決起! 5/9準抗告により原宿釈放! 5/10-11東京地裁前情宣10日報告11日報告)、5/11勾留理由開示請求公判弾圧被害者釈放のためキャンセル、処遇改善要求支持者への返礼で渋谷署内留置所へ激励行動緊急集会奪還集会として開催、140名参加の盛況、集会宣言。★小倉利丸さんの弾圧分析Cruel suppression to Japanese Mayday demonstrators by Police和訳 ★富永さとるさんの分析 ★公安警察も反対の共謀罪?
English Resources
A Statement Against Police Suppression at May Day Demonstration | English Appeal | All demonstrators released
声明賛同・連帯メッセージ募集
救援会の抗議声明への賛同署名と支援・連帯のメッセージをお寄せください。
メーデー弾圧抗議声明 ★賛同一覧
各種リソース
情宣・カンパ要請用PDF (1.03MB)
抗議声明・賛同要請用PDF (940KB)
仲間を返せ! メーデー不当弾圧を許すな5・11緊急集会PDF (1.04MB)
★すでに道行くすべての人必携の時代? 日弁連の被疑者ノート/PDF1MB─逮捕時の自分の人権を守る実践方法が弁護人への書き込みノート形式でまとめられています。★救援連絡センター救援ノートも必読!
連絡先
連絡先:
〒105-0004 東京都港区新橋2-8-16 石田ビル4階14号 救援連絡センター気付
FAX: 03-3352-6594
E-mail: mayday06q(at)yahoo.co.jp
抗議先
原宿警察署
TEL: 03-3408-0110
FAX:03-3408-2270
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-3-15
渋谷警察署
TEL: 03-3498-0110
FAX: 03-3498-1750
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-8-15
警視庁本庁(警備課)
TEL: 03-3581-4321
FAX: 03-3502-1430
〒100-8929 東京都千代田区霞が関2-1-1
※門真市議・戸田ひさよしさんのご尽力によりFAX番号追加
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
メーデー救援会
「自由と生存のメーデー06」弾圧粉砕! 三名全員奪還!
2006年4月30日(日)、「自由と生存のメーデー06」の集会と“サウンドデモ(レイヴデモ)”が開催され、100名近くの人々が「プレカリアート(不安定雇用層)」の企画に参加。しかしデモ当初から警察が弾圧を策動(逮捕の恫喝や警告プラカード準備等)、「道交法55条違反」を理由に運転手を行政処分(青切符)、DJをサウンドカーから引きずりおろして逮捕したうえ、混乱にまきこまれた一名も「公務執行妨害」で逮捕。さらにサウンドシステムを積んだトラックを強奪(即日準抗告で翌5月1日奪還)。また、デモコース終盤の渋谷ハチ公前を過ぎたあたりで、「MAYDAY」の垂れ幕を掲げたバルーンを公安警察が強奪しようとして現場が混乱、この過程で一名を「公務執行妨害」でバルーンごと逮捕。去年も同じ態様のメーデーデモが行われているのに、なぜ今年は逮捕?!(詳細12当日の動画@レイバーネット、写真12) 5月2日逮捕の身柄拘束満期で検察送致&激励行動。DJは勾留請求されず釈放。警察の無法なやり方に検察が勾留請求を断念したものの、「公妨」の二名は勾留請求・決定(詳細)。6日東京で激励行動&情宣、福岡で街頭情宣(報告12)。7日渋谷の準抗告棄却弾劾! 渋谷署留置の仲間が8日より房内処遇改善を要求しハンスト決起! 9日原宿の準抗告が「認容」され釈放! 10・11日に東京地裁前情宣10日報告11日報告)、勾留満期の11日の勾留理由開示請求公判弾圧被害者釈放ハンスト勝利(要求詳細)!のためキャンセル(予定されていた弁護人意見)、三名全員を無事取り戻しました。同日、処遇改善要求支持者への返礼で渋谷署内留置所に向け激励行動留置所見取り図)、夜の反弾圧集会奪還集会として開催、140名が参集(livedoorニュースJanJan)、集会宣言採択。共同通信取材に対する原宿署のデタラメDJ、共謀罪TVで語る。金曜アンテナ・蹂躙されたメーデー。東京新聞・サウンドデモなぜ摘発。8月5日やり返しデモ→集会:8.5プレカリアート@アキバ、150名参加!

メーデー弾圧抗議声明 ★賛同一覧

4月30日のデモに参加して警察の違法行為による被害にあわれた方・目撃した方は救援会に情報をお寄せください!
踏み付けられたプレーヤー切断されたDJのヘッドホンバルーン損壊&紛失?ディストーションギターさん報告

※救援会作成の公開情報資源の取扱いはすべて自由とします(GFDLに準じます)。救援会以外のリソースに関しては、著作者に直接お問い合せいただければ幸いです。

<< 連帯メッセージ/アッテンボロー 全逓労働者(現日本郵政公社労働組合 略称JPU) | main | 連帯メッセージ/日置 真理子(介助者) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
5月7日渋谷署勾留の仲間の準抗告が棄却! 東京地裁弾劾!
5月5日(金)の夕方、渋谷署に勾留されている弾圧被害者は、勾留決定を不服とする準抗告と、押収品(バルーンないし大型風船)に関しての準抗告を東京地裁に請求しました。翌6日に弁護人も同席して審理が持たれました。

そして7日、審理の結果が出ました。

……棄却です。

残念ながら勾留決定は滅多にくつがえらないという、厳しい司法の現実が私たちに重くのしかかっていることを改めてひしひしと実感します。また公安警察と渋谷署による私物(バルーン)の破壊に関しては東京地裁は実質判断せず、逃げの論理を展開しています。とはいえ、準抗告が警察・検察の非道な活動に関しての牽制であることには変わりはなく、救援会ではその追及についての可能性を否定するものではありません。むしろ積極的にこうした法的対抗措置を取ることによって、裁判所へ及ぼす影響の可能性を手放すべきではないと考えます。


★逮捕不当の準抗告棄却の理由──謄本から
※これはあくまで裁判官の言い分です

【勾留請求却下を求める準抗告に対して】
・「一件記録」(カッコ引用者)よれば、被疑者が上記犯罪(公務執行妨害)を犯したと疑うに足る理由がある。
・本件犯行現場が電車の高架橋付近であったことなどからすると……風船の紐を切ったとしても、それは危険防止のための正当な職務行為……
・……被疑者が現場から走り去ろうとし、その前に立ちはだかった警察官を突き飛ばし、逃走しようとしたことなどに照らすと、警察官らが複数人で被疑者を取り押さえたことも違法とは認められない。
・よって、本件準抗告は理由がないから…

【物品に関する準抗告に対して】
・上記前3点に加え…
・…当該風船の紐が切れたことが、被疑者が警察官に対する暴行に及ぶきっかけになったと認められることからすれば、本件押収品目録番号1記載の物件が本件との関連性を有することは明らか…
・…「被疑者の供述態度などからすると」(カッコ引用者)、本件押収品目録番号2ないし12記載の各物件についても…人定にかかわるものとして関連性を認めることができ…
・…押収後の警察官の当該風船の取扱いが、本件差し押さえ自体の適法性を左右するものではないし…「仮に、風船1個(これ自体は、本件押収品目録に記載されていない。)が、警察官の不手際により喪失されたとしても、このことが、本件押収品目録記載の19点の差し押さえ自体に影響を与えるものではない。
・以上によれば、本件押収処分は適法。
・よって、本件準抗告は理由がないから…


物品に関する準抗告棄却の事由のなかで、裁判官は「風船1個(これ自体は、本件押収品目録に記載されていない。)」としていますが、逮捕時の押収品目録には下記のように記載されています。
風船  数量  一式 (但し、赤色、ゴム制、膨らんだ状態のもの1個及び破損した破片並びに、根元部分がビニール紐で繋がれたもので、黄色地に赤色文字でMAYDAYと記載された垂れ幕がついているもの)

「破損した破片」というのはおそらく破壊された二つのバルーン(風船)のことでしょう。裁判官は一体何を見ているのでしょうか?

そもそも「暴行に及ぶきっかけになった」からバルーンの盗奪・破壊は正当ということ自体が、裁判官が警察・検察のいうことを鵜呑みにしている証拠です。むしろ事実は逆で、公安警察官がバルーンの紐を引っ張ってちぎり(この時点で公安が器物損壊)、その後風船を守ろうとしたデモ参加者たちに機動隊員が襲撃して、現場が大混乱したというものです。暴行を働いたのは機動隊員です。このとき身体をはって警察の暴力からデモ参加者を守ろうとした数人の仲間たちは怪我をしています。

「警察官を突き飛ばし」「逃走しようとした」から逮捕・勾留は正当だというに至っては何をか況んや、です。「突き飛ばし」「逃走」はあくまで警察側の言い分であり、公安検事がこれを追認して勾留請求で主張している内容です。なぜこうした警察・検察側の主張だけを取り上げ、用意周到に逮捕時の状況を記録した資料(バルーン写真も含む)を添付して逮捕不当・押収不当を主張した弁護人の意見は顧みられないのでしょうか。特に(バルーン─風船が)「警察官の不手際により喪失されたとしても、このことが、本件押収品目録記載の19点の差し押さえ自体に影響を与えるものではない」という裁判官の意味不明の主張には強い怒りを覚えます。「警察官の不手際」とは「器物損壊」です。これをあえて無視した上で逮捕・勾留・押収を正当というのですから、日本の司法が警察・検察行政の言いなりなっているという危険な水準にあることは明白ではないでしょうか。

【写真:バルーン3個を強奪し押収する公安警察官】
クリックで別ウィンドウで拡大表示(提供:mkimpoさん)

強奪のバルーン1小強奪のバルーン1小


【抗議先】
東京地方裁判所刑事第14部
裁判長裁判官 小林愛子
裁判官 宮本聡
裁判官 高原大輔

東京地方裁判所
東京都千代田区霞が関1-1-4
Tel:03-3581-5411
Fax: 03-3581-1583(総務課)

※すみません、刑事第14部に直接コンタクト取る手段不明

※原宿署に勾留されている弾圧被害者の準抗告は、現在調整中です。
| ニュース | 23:34 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:34 | - | - |
http://mayday2006.jugem.jp/trackback/129