CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
メーデー弾圧とは?
★2006年4月30日(日)、「自由と生存のメーデー06」のデモに「階級」的な政治弾圧がくわえられました(詳細12当日の動画@レイバーネット、写真12)。弾圧で一名が道交法違反、二名が公務執行妨害で逮捕。★経過:5/2検察送致&激励行動二名勾留決定、5/6東京で激励行動&情宣/福岡で街頭情宣-報告12。5/7渋谷の準抗告棄却弾劾! 5/8より渋谷署で房内処遇改善を要求してハンスト決起! 5/9準抗告により原宿釈放! 5/10-11東京地裁前情宣10日報告11日報告)、5/11勾留理由開示請求公判弾圧被害者釈放のためキャンセル、処遇改善要求支持者への返礼で渋谷署内留置所へ激励行動緊急集会奪還集会として開催、140名参加の盛況、集会宣言。★小倉利丸さんの弾圧分析Cruel suppression to Japanese Mayday demonstrators by Police和訳 ★富永さとるさんの分析 ★公安警察も反対の共謀罪?
English Resources
A Statement Against Police Suppression at May Day Demonstration | English Appeal | All demonstrators released
声明賛同・連帯メッセージ募集
救援会の抗議声明への賛同署名と支援・連帯のメッセージをお寄せください。
メーデー弾圧抗議声明 ★賛同一覧
各種リソース
情宣・カンパ要請用PDF (1.03MB)
抗議声明・賛同要請用PDF (940KB)
仲間を返せ! メーデー不当弾圧を許すな5・11緊急集会PDF (1.04MB)
★すでに道行くすべての人必携の時代? 日弁連の被疑者ノート/PDF1MB─逮捕時の自分の人権を守る実践方法が弁護人への書き込みノート形式でまとめられています。★救援連絡センター救援ノートも必読!
連絡先
連絡先:
〒105-0004 東京都港区新橋2-8-16 石田ビル4階14号 救援連絡センター気付
FAX: 03-3352-6594
E-mail: mayday06q(at)yahoo.co.jp
抗議先
原宿警察署
TEL: 03-3408-0110
FAX:03-3408-2270
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-3-15
渋谷警察署
TEL: 03-3498-0110
FAX: 03-3498-1750
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-8-15
警視庁本庁(警備課)
TEL: 03-3581-4321
FAX: 03-3502-1430
〒100-8929 東京都千代田区霞が関2-1-1
※門真市議・戸田ひさよしさんのご尽力によりFAX番号追加
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
メーデー救援会
「自由と生存のメーデー06」弾圧粉砕! 三名全員奪還!
2006年4月30日(日)、「自由と生存のメーデー06」の集会と“サウンドデモ(レイヴデモ)”が開催され、100名近くの人々が「プレカリアート(不安定雇用層)」の企画に参加。しかしデモ当初から警察が弾圧を策動(逮捕の恫喝や警告プラカード準備等)、「道交法55条違反」を理由に運転手を行政処分(青切符)、DJをサウンドカーから引きずりおろして逮捕したうえ、混乱にまきこまれた一名も「公務執行妨害」で逮捕。さらにサウンドシステムを積んだトラックを強奪(即日準抗告で翌5月1日奪還)。また、デモコース終盤の渋谷ハチ公前を過ぎたあたりで、「MAYDAY」の垂れ幕を掲げたバルーンを公安警察が強奪しようとして現場が混乱、この過程で一名を「公務執行妨害」でバルーンごと逮捕。去年も同じ態様のメーデーデモが行われているのに、なぜ今年は逮捕?!(詳細12当日の動画@レイバーネット、写真12) 5月2日逮捕の身柄拘束満期で検察送致&激励行動。DJは勾留請求されず釈放。警察の無法なやり方に検察が勾留請求を断念したものの、「公妨」の二名は勾留請求・決定(詳細)。6日東京で激励行動&情宣、福岡で街頭情宣(報告12)。7日渋谷の準抗告棄却弾劾! 渋谷署留置の仲間が8日より房内処遇改善を要求しハンスト決起! 9日原宿の準抗告が「認容」され釈放! 10・11日に東京地裁前情宣10日報告11日報告)、勾留満期の11日の勾留理由開示請求公判弾圧被害者釈放ハンスト勝利(要求詳細)!のためキャンセル(予定されていた弁護人意見)、三名全員を無事取り戻しました。同日、処遇改善要求支持者への返礼で渋谷署内留置所に向け激励行動留置所見取り図)、夜の反弾圧集会奪還集会として開催、140名が参集(livedoorニュースJanJan)、集会宣言採択。共同通信取材に対する原宿署のデタラメDJ、共謀罪TVで語る。金曜アンテナ・蹂躙されたメーデー。東京新聞・サウンドデモなぜ摘発。8月5日やり返しデモ→集会:8.5プレカリアート@アキバ、150名参加!

メーデー弾圧抗議声明 ★賛同一覧

4月30日のデモに参加して警察の違法行為による被害にあわれた方・目撃した方は救援会に情報をお寄せください!
踏み付けられたプレーヤー切断されたDJのヘッドホンバルーン損壊&紛失?ディストーションギターさん報告

※救援会作成の公開情報資源の取扱いはすべて自由とします(GFDLに準じます)。救援会以外のリソースに関しては、著作者に直接お問い合せいただければ幸いです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
公安警察は税金の無駄遣いをやめろ!
11月8日(水)の午前7時過ぎにDJ宅に「訪問」し、何やら話しかける間抜けな公安警察官。朝駆けで(プレッシャーを与えた、と)いい気になっていると思われますが、いい歳した大人が朝っぱらに何やってんのかなと物笑いの種になっています。しかし早朝から嫌がらせで這いずり回らなければならないとは、これほど非人間的な「仕事」があるでしょうか。あるいは警視庁公安二課のトップは万引きで懲戒免職、という今年の「事件」を見ても明らかのように、「公安」というものは、自ら人間性を破壊せざるをえない「仕事」なのでしょう。そんな「仕事」って本当に必要あるんでしょうか。

公共部門の問答無用のリストラは許せませんが、公安は必要ありません。このご時世に税金を大量に食いつぶす公安当局こそ、はやく解体されるべきでしょう。

いまだにネチネチと粘着ストーカーを繰り返す公安警察に告ぐ。

公費ストーキングを恥じろ!
税金の無駄遣いをやめろ!
| 弾圧被害 | 14:32 | - | trackbacks(2) |
切断されたDJのヘッドホン
ヘッドホン1ヘッドホン2
ヘッドホン3ヘッドホン4
4月30日当日、DJが不当逮捕される際に切断されたヘッドホンの写真です。切断面が鋭利な刃物でスパッと切られたように見えます。公安警察官にでっち上げで逮捕される時に、なぜこのような被害に遭わなければいけないのかまったく理解に苦しみます。
| 弾圧被害 | 14:39 | - | trackbacks(0) |
警察は公費を使ってストーカー的行為をしないでください
この間、私たちメーデー救援会では弾圧被害者の釈放をめざして全力を尽くして活動を続けてきました。そしてそれに伴って公安警察によるプレッシャーがますます強化されるという現実にあります。

既報通り、

・10日昼の地裁前情宣では6人、
・11日朝の地裁前情宣では7人、
・11日夜の緊急集会では25-30人

の公安警察官が陰に陽に圧力をかけてきました。また、それだけでなく、弾圧被害者宅も含む複数の人間の居宅に向けた警察の「巡回」が嫌がらせのようになされ、また居宅付近で公安警察官と思しき人間が監視をしているケースも何件かひき起こされています。また、11日の集会後にも、公安警察が実行委員会の人間を尾行(つきまとい行為)をしたりなど、まったく正当性のない破廉恥な行為をしかけてきています。

メーデー救援会は、逮捕・勾留だけでなく、こうした警察による不当なストーカー的行為を糾弾するとともに、法的措置も含めて対抗策を検討します。

警察は今すぐ公費を濫用したストーカー的行為をやめろ!
| 弾圧被害 | 16:43 | - | trackbacks(0) |
ディストーションギターさんからの報告
当日デモに参加した者です。
DJのトラックのすぐ後ろに居ました。

おかしいと思うことは
●警察は「事前」に印刷した、「」車から降りないと逮捕する」といった内容のプラカードを見せていたが、これは、事前の申請で、DJカーの申請で、その存在を知って、認可しつつ、一般の常識で知らない、実際には問題になりにくい事柄を根拠に、言いがかり逮捕をする計画的弾圧だった証拠だと思います。本当にその部分だけ防ぎたいのならば、申請時や、届出にある連絡先に前もって交渉するべきでしょう。
●警察たちは弾圧の時、デモ隊に、何の説明も無ないまま急に暴力的に押し倒して車を占拠した。その時腕を捕まれ、プラカードを無理やり奪われそうになった。取り返したが。その時に持っていた音楽プレーヤーipodの一部が破損、胸に着けてたアクセサリーも破損し、後日警察に連絡したが何の謝罪もなく、「弁償して欲しいのなら裁判起こせ」との対応だけだった。
●DJの逮捕後、横に居た警察官に、上記のプラカードの話をして、回答を求めたら「耳が無いから聞えない」という、国民に対する侮辱以外の何者でもない回答だった。
●後日の激励行為に参加したが、警察はかなり執拗に写真をとりまくってた。明らかに脅しであり、権力の濫用と感じました。以上、感じた事です。よろしくお願いします。

報告:ディストーションギター
| 弾圧被害 | 06:55 | - | trackbacks(0) |
バルーンに関する押収品目録記載事項を読む
押収品目録/バルーンこの画像は、渋谷24号さんが逮捕されたときの押収品の目録交付書の一部をスキャンしたものです。目録によれば、押収したのは「警視庁渋谷警察署派遣 警視庁第二機動隊 司法警察員 巡査部長 三池勝也」。

風船 [但し、赤色、ゴム製、膨らんだ状態のもの1個及び破損した破片並びに、根本部分がビニール紐で繋がれたもので、黄色地に赤色文字でMAYDAYと記載された垂れ幕がついているもの] 1式

まず気がつくのは、ビニール紐に関しては破損状況が言及されていないことです。警視庁公安部所属と思われる公安警察官がデモ参加者からバルーンを盗奪しようとして、無理矢理引っ張ったためちぎれてしまったことはすでにお伝えしている通り。

警察官がまずここで器物損壊したことは、警察の側でもさすがにまずいと判断しているようで、この記載の「抜け」もその意向を反映しているのではないかとも推測できます。逮捕された仲間への取調べでも、公安警察はこのバルーンについて気がかなりな様子を自ら暴露していました。

「膨らんだ状態のもの1個及び破損した破片」とあるのは、仲間が渋谷署に強制連行させる前にバルーンが運ばれるという状況がありましたが、その際に入り口が狭すぎて署内に入らないことを口実に、警察官がバルーンを割った事実が反映されたものでしょう。「割らないと入らない」という会話ののち、派手な音をさせてバルーンを割ってしまった警察官。しかしその後、器物損壊に当たると悟ったのか、最後の一つは口をほどいて搬入できるほどに小さくしたものが「膨らんだ状態のもの1個」でしょう。

さらに、渋谷署はバルーンを一つを紛失している可能性が高いということも判明しています。釈放時に返却された押収品のなかにはバルーンは二つしかありませんでしたが、渋谷署はこのことについて明言せず誤摩化しています。数量を明記せず「1式」で処理しているのも誤摩化すためだと考えられます。──押収品とはいえ、私物を損壊するだけでなく紛失するとは一体どういうことなんでしょうか? 警察はただちにバルーンをもう一つ返すべきです。
| 弾圧被害 | 18:37 | - | trackbacks(1) |
踏みつけにされたレコードプレーヤー
踏みつけにされたレコードプレーヤー準抗告怖れた原宿署が5月1日に返却してきたもののうちの一つ。DJ機材のうちの一つなわけですが、かくも無惨に踏みつけにされた跡がはっきりと残っています。
もし壊れていたら…?
| 弾圧被害 | 17:53 | - | trackbacks(0) |
4月30日のデモに参加して警察の違法行為による被害にあわれた方・目撃した方へ
2006年4月30日、「自由と生存のメーデー」デモに参加された方で、暴行を加えられて怪我をした(内出血なども含め)/私物を破壊された/「逮捕するぞ!」と恫喝された/デモの途中参加や途中離脱を妨害された、などの明らかな警察による不法(脱法)行為の被害にあった、またはその被害の現場を目撃したという方は下記連絡先までお寄せください。救援会では、弾圧された仲間への不法行為とあわせ、国家賠償訴訟(国賠)など法的対抗措置の可能性を探ることも含め、反弾圧キャンペーンを検討したいと考えています。もちろん、主眼はメーデー主催者が認識していない、警察によるひどい対応がなかったかどうかということについて、できる限り把握していきたいということにあります。その上で、今回の弾圧がいかに無茶苦茶なものであったかということをさらに広く世に問うことができればと希望しております。ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

現在救援会で把握している被害状況としては、少なくとも警視庁の公安警察がデモ参加者の私物である風船(バルーン)のひもを切断し、渋谷署の警察官が風船(バルーン)を割ったということがあげられます。

サウンドカー(トラック)や各種機材などの違法な強奪によって発生した、レンタカーとジェネレーター(発電機)のレンタル料の延滞料金も被害と言えるでしょう。なお、このトラックやジェネレーターやその他機材に関しては、押収を不服とする4月30日即日の準抗告で、準抗告の審理前に、翌日の5月1日に奪還できました(詳細記事)。しかし、一日分の延滞料金が発生したことは取り戻せません。

また、被害にあったときの状況を特定できていませんが、DJのヘッドフォンのコードが切断されていた(鋏など鋭利なもので切断されたような痕跡がある)という被害も確認されています。

さらに、弾圧被害者が滅茶苦茶な暴行を受けながら逮捕されたことはすでにお伝えしてきているとおりですが、警察の暴力からデモ参加者を守るために、自らの身体をはって間に入っていた複数の人間が内出血する負傷を負ったという事態についても、ここに明らかにします。

E-mail: mayday06q(at)yahoo.co.jp(※)
TEL: 070-5587-3802(海外派兵をやめろ!戦争抵抗者の会)
FAX: 03-3352-6594(救援会臨時FAX)

※E-mailの (at) は @ に置き換えてください。
| 弾圧被害 | 21:51 | - | trackbacks(0) |